キーワードはシンプル|自由度の高い注文住宅なら居心地の良さをとことん追求可能

自由度の高い注文住宅なら居心地の良さをとことん追求可能

キーワードはシンプル

部屋

二階の大きさに注意

地震に強い家が近年は住宅業界でも注目されています。地震に強い家という商品があるわけではなく、地震に強いタイプの家というものがあるのです。鉄骨か木造かはどちらに優劣があるわけではありません。鉄骨は強度に優れていますが、木造はしなやかに動くことで揺れを逃がす効果があります。鉄骨か木造かよりも重要なのは構造設計です。キーワードはシンプルな家です。真四角のシンプルな形の家が最も地震に強い家といえます。逆に弱い家というのは、二階が出っ張っていたり過度に大きくなっているような家です。これはバランスが悪いためです。長期的には家が徐々にねじれてきてしまいます。二階と一階の構造を同じにして、柱を一本通してあるような構造が最も地震に強い家です。

長期優良住宅も考慮して

これから新築で家を建てるのならば、長期優良住宅を検討するのも一つの手です。長期優良住宅とは、地震に強い家でメンテナンスをすることで長く住める家のことをさします。建築時に少しコストはかかるかもしれませんが、長い目で見ると税金などで優遇措置を受けることができるので結果的にはお得になります。また、その分の価値があります。定期的なメンテナンスを受けることで、その都度家の強度や状態をチェックすることもでき、長く安心して住むことができます。中古住宅を選ぶときは、なるべく構造がシンプルな家を選ぶことと、1981年以降に建てられたものを選ぶことを意識しましょう。国の耐震基準をクリアーしているかどうかが一つのポイントです。